ベランダにある人工芝の水はけ対策!ロールタイプよりジョイントタイプがオススメなわけ!

スポンサーリンク
ベランダにある人工芝の水はけ対策!ロールタイプよりジョイントタイプがオススメなわけ! 日々の生活

自分の住まいにもお庭が欲しい!お庭で菜園をして節約したい!
今、お庭代わりにベランダやバルコニーを活用する人が増えてきましたね!

実は私もその一人です♪
ベランダやバルコニーをお庭にするなら、快適に過ごせる空間にしたい!

天然の芝を敷くことは出来ませんが、人工芝なら誰でも簡単に敷くことができます。
先生ー!「人工芝だと、水はけが悪そうだから心配です!」

って、お声が届きそうなので人工芝を敷く際に適した水はけのいい人工芝の選び方やポイントをお話しますね♪

スポンサーリンク

ベランダに人工芝を敷いたら水はけが悪くなるって聞いたけど本当?

人工芝を敷くデメリットでよく挙げられるのが、水はけの悪さになります。
人工芝は基本プラスチックで出来ているので、水を吸収しません!

なので、人工芝の上やベランダのコンクリートの隙間に水が溜まりカビが発生することもあります。
だからこそ、水はけのいい人工芝を選ぶ必要があります!

ベランダに人工芝を敷くとゴキちゃんや虫が出やすくなるって本当?

人工芝を敷くと水はけが悪くなるため、付随してゴキブリや虫が発生しやすくなる環境になります。
水はけが悪いことで、ベランダが多湿になり細菌や虫が発生しやすくなります。

そもそも賃貸のベランダに人工芝を敷くことはいいの?

実はベランダに人工芝を敷いていいかは、物件によると言われました!
突っ込んで聞いた結果、人工芝を敷く際に接着剤を使う場合は注意が必要みたいです!

退去時の清掃で費用が別途発生する可能性があるようです!
人工芝を敷くこと自体に問題があるわけではないと言われました!

接着剤を使わなくても敷けるので問題ないですが(笑)

ジョイントタイプの人工芝を敷けば基本解決!

水はけが悪いだの、カビが発生するやゴキブリや虫が出てくるや、退去時の清掃で問題が発生するとお伝えしました!
安心してください!解決しますよ♪

ベランダやバルコニーに人工芝を敷くのであれば、ロールタイプではなくジョイントタイプがオススメです!
水はけのいいロールタイプもありますが、他の問題が解決出来ません!

ジョイントタイプであれば、ベランダと芝部分の間に隙間があるので水はけもよく水分が溜まるのを防いでくれます。
さらに、ジョイントタイプの人工芝は敷き詰めるだけの施工なので、剥がすのも簡単です!

だから接着剤いらず!つまり、退去時の清掃も困らない!
唯一の欠点はつなぎ目が目立つ!!!!

ロールタイプはつなぎ目がないので、キレイなのですがどちらにするかはあなた次第♪
ロールタイプならゴルフ場の芝生のような美しいものになります!

ただ、蒸れます。気を付けないとカビが発生する可能性があるため、気を付けましょう。
ジョイントタイプの人工芝ならカビが生えないわけではありませんが、生えたらそこだけ捨てて取り換えることが可能です!

まとめ

人工芝は天然芝と違いカーペットのように上に敷くため、どうしてもカビなどの問題はあります。
この点については、天然芝でも湿気があればカビは生えます。

それに天然芝と違いお手入れの手間が格段に楽です♪
しかも、ジョイントタイプの人工芝であればカビればそこだけ捨てられるメリットもあります!

ベランダに緑があるだけで癒されるのでぜひ、あなたも人工芝デビューをしてみませんか?(笑)

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
日々の生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました