クローゼットでの収納術!布団収納はインテリアで活用術

スポンサーリンク
クローゼットでの収納術!布団収納はインテリアで活用術 日々の生活

クローゼットに布団を収納することがあると思いますが、押し入れと違って収納しにくいって思いませんか?
奥行ないし狭いから余計に大変です!

でもあなたの工夫次第で解決出来ちゃいます!
簡単な収納術を解説したいと思います。

スポンサーリンク

もう悩みません!クローゼットでの布団収納チェックポイント

最近の賃貸事情で押し入れがなく、クローゼットしかないと。
しまいにくいと悩む人が多いようです!

私もその一人です・・・
そんな中で私がやっていることをまとめました!

  1. 季節外の布団はコンパクトにする
  2. 室内での収納はすっきるさせる
  3. 布団収納は必ずすのこで湿気対策をする

では、順に解説していきますね♪

季節外の布団はコンパクトにする
布団ってどれだけ上手にたたんでもかさばります。
収納スペースの大半を使うので、やっかいです。

そこでオススメなのが「布団用圧縮袋」を使うことです!
圧縮すると超薄くなり重ねたり立て掛けたりもできるので、収納スペースの空きに応じて対応できます!

羽毛布団の場合は、圧縮袋は使えないのでその場合は空気を抜きながら折りたたむことで、小さなサイズに出来るので問題ありません。
羽毛布団なので、膨らむためファスナーつで閉じられる布団用ケースに入れてから収納しましょうね♪

毛布は圧縮袋を使ってまとめて収納ケースに入れるのもいいですね!
薄い掛け布団は敷き物をまとめる要領でくるくる丸めて収納してもいいかも!

巻いてロール状にして紐で縛ればいいので簡単に収納出来ます。
ベッドがあれば、ベッド下の空きスペースを使って季節外の布団を収納するのもオススメです。

その場合は湿気がこもりやすいので、時々ベッドの下から出して通気しましょうね!
室内での収納はすっきるさせる

住宅事情によっては布団を入れる収納場所が確保できないこともあります!
過去の私の住まいにもありました・・・

だからこそ生まれた収納術!それが室内で収納をする方法です♪
たとえば、敷き布団と掛け布団を畳み部屋の隅にまとめてから布ですっぽりとくるんで収納(笑)
好きなカバーで被せれば、インテリアにもなるしいかがですか?

季節外の布団であれば、ソファとして使うのもありです!
布団収納は必ずすのこで湿気対策をする

クローゼットも押し入れも湿気が溜まりやすいので湿気対策が必要です。
私が日頃からやっている方法がすのこを床に敷いて壁には立て掛けて、布団が床や壁に触れることがないようにして通気に気を付けています!
もちろん、湿気剤を置いて水が溜まれば取り換えるのも有効です。

収納扉を開けて、扇風機を収納スペースの中に風を送ったり除湿機で強制的に湿気を取ることを習慣付けましょう!
湿気が気になるのはなにも梅雨時や夏場だけではありません!

加湿器を使っている場合は、冬場でも湿気がこもりやすいです。

注意点としては、収納スペースにたくさんものを詰め込むと湿気がこもるので、
押し入れやクローゼット容量の8割程度で押さえるよう物を減らすことも大事です!

まとめ

布団の収納は日常的に使うものとそうじゃないものがあると思います。
布団の収納はちょっとした工夫をすれば、困ることはありません!

時にはインテリアで活用したり、ソファで活用したり。
圧縮袋でコンパクトにすれば、スペースを気にする必要もなくなりますし!

あなたのお家にどれだけの収納スペースがある次第で考えてみてはいかがでしょうか?
ぜひ色々試してみてくださいね!

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
日々の生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました