時間が経過した後の弔慰金と供花費の適切な金額:お返し不要や封筒への記入方法についても解説

スポンサーリンク
時間が経過した後の弔慰金と供花費の適切な金額:お返し不要や封筒への記入方法についても解説 日々の生活

「弔慰金を贈りたいが、適切な金額がわからない」という疑問を持つ方は多いでしょう。

突然の出来事に対して、弔慰金や供花費の対応に不安を感じる方へ向けて、こちらで解説します。

適切でない方法で弔慰金や供花費を贈ると、知らず知らずのうちに遺族を傷つけてしまう可能性があります。

今回は弔慰金や供花費の一般的な相場、封筒への記入方法、遅れて贈る場合の方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

弔慰金と供花費の標準的な相場

家族葬が一般的になっており、弔慰金や供花費の辞退を選ぶ方が増えています。

金額の相場は、地域や故人との関係性によって異なります。

葬儀に参加する前に、包むべき金額を確認しましょう。

関係性ごとの相場は以下の通りです:

  • 親:5万円~10万円
  • 兄弟姉妹:3万円~5万円
  • 祖父母:1万円~3万円
  • 親戚:1万円~3万円
  • 友人・知人・近隣の方:3千円~1万円
  • 職場の同僚:3千円~1万円

弔慰金は、遺族への経済的援助や故人への供え物の代わりとして意味を持ちます。

一方で、供花費は供花の代金や、訃報を遅れて知った場合に弔慰金の代わりに用いられます。

両者の意味には違いがあります。故人と同居していた家族や喪主は、通常、これらを用意する必要はありません。

時間が経過してから贈る弔慰金や供花費の目安

四十九日を経てから故人の訃報を知った場合、供花費として贈ることが最も適切です。

遺族が供花費の辞退を申し出た場合は、弔意のみを伝えることをおすすめします。

弔慰金の代わりとして供花費を贈る場合の相場を以下に示します。

関係性ごとの相場:

  • 親や兄弟:5万円~20万円
  • 祖父母:1万円~5万円
  • 親戚:1万円~3万円
  • 職場の同僚や友人、近隣の方:3千円~5千円

遺族に負担をかけないように、相場に沿った金額を包むことが重要です。

一般的には、供花として1万5千円~2万円を包むのが一般的ですが、これは弔慰金の代わりでない場合の目安となります

封筒の書き方とお返しについて

封筒への書き方やお返しに関するマナーも重要な要素です。

正しい書き方を知っておくことで、遺族への敬意を示すことができます。

  1. 封筒の表書き:封筒の表には、「御霊前」や「御仏前」と書き、その下に自分の住所と氏名を記入します。
  2. 金額の記入:金額は封筒の裏側に書くことが一般的です。明記することで、遺族が開封せずとも金額を確認できます。
  3. お返しについて:弔慰金や供花費を受け取った遺族は、通常、何らかの形でお返しをすることが一般的です。しかし、お返し不要の場合は、その旨を封筒に記載するか、遺族に直接伝えることが望ましいです。

遅れて贈る場合の注意点

弔慰金や供花費を遅れて贈る場合には、いくつかの注意点があります。

  1. 時期:四十九日を過ぎた後に知った場合、供花費として贈ることが適切です。この期間を過ぎると、弔慰金よりも供花費の方が好ましいとされています。
  2. 金額:遅れて贈る場合の金額も、一般的な相場に基づいて選ぶことが重要です。ただし、遅れた事情を考慮して、適切な金額を検討しましょう。
  3. 伝達の仕方:遅れて贈る場合、直接遺族に連絡を取り、弔意を伝えた上で、訪問や郵送などの方法で贈ることが推奨されます。

これらのポイントを理解しておくことで、故人への敬意を示し、遺族に対しても配慮ある対応をとることができるでしょう。

弔慰金や供花費は、故人への最後の敬意表現として、非常に重要な役割を担います。適切な方法で表すことで、遺族への心遣いが伝わります。

供花費用の封筒記載法と遅れて贈る際の対応方法

供花費用の封筒に何をどう書くべきか迷うことがあるかもしれません。

ここでその記載方法をご案内しますので、ぜひ参考にしてみてください。

封筒の記載方法

白くて水引のない封筒に供花費用を入れても問題ありません。

封筒の表面上部に「御花代」または「お花代」と記載し、その下に自分のフルネームを書きます。裏面には住所、氏名、金額を記すと丁寧です。

不祝儀袋を購入する場合は、「お花代」と印刷されたものを選んでください。

同封されている札には、下部にフルネームを記載します。

「お花料」や「御花料」と記された札もありますが、これはキリスト教の葬儀など特定の宗派で使われる場合があるので注意が必要です。

遅れて贈る際の記載方法

訃報を遅れて知った場合、できるだけ早く供花費用を渡すことが望ましいですが、遺族が辞退を希望する場合は無理に渡す必要はありません。

遅れて贈る場合、封筒の表面上部に「お花代」と記し、下部にフルネームを記載します。

なお、四十九日までの期間に贈る場合は、薄墨を使用することが推奨されます。

お返し不要の際の封筒記載方法

遺族に追加の負担をかけないようにお返しを辞退したい場合もあります。

そのような場合の伝達方法にも礼儀が求められます。

香典袋への記載

香典袋にお返し不要の旨を直接記載する方法があります。

封筒の裏面に住所と並んで「お返しは辞退させて頂きます」と一言添えるのが一般的です。

中袋がある場合も、同様に住所の隣に「お返しは辞退させて頂きます」と記載するのが良いでしょう。

一筆箋による辞退の記載方法

辞退の意思を表す際、短文を書くための一筆箋を使用する方法もあります。

この箋には、宛名、簡潔な挨拶、本文、結びの言葉、そして署名をこの順で記載します。

一筆箋では、文章の最初の字を下げる必要はありません。忌み言葉を避け、丁寧に書くことが大切です。

また、縦書きの一筆箋を使用すると、よりフォーマルで礼儀正しい印象を与えます。

受付での辞退の伝達

香典を渡す際、受付でお返しの辞退を伝えることもできます。

受付を担当している方が遺族でないことが多いので、明確に「お返しは辞退させていただきます」と伝えましょう。

この方法を取る場合、香典の裏面や一筆箋にも同様のメッセージを記載しておくと、遺族に意思が伝わりやすくなります。

お金の包み方

お金を封筒や袋に入れる際には、お札が封筒の表側と反対側に来るようにし、お札上の人物が下を向くようにしてください。

お札に描かれた人物の面を表、反対側を裏とし、人物が上に来るように配置します。

香典にお札を「裏側・下側」にするのは、故人への哀悼の意を表しています。

使用感のある清潔なお札を選び、新札は避けるか、新札の場合は二つ折りにして中心に折り目を入れてください。

新札を避ける理由は、事前に準備していたと受け取られ不快感を与えないためです。

お札の向きや状態には細心の注意を払い、失礼がないようにしましょう。

葬儀不参列時の香典・供花費の贈り方とマナー

葬儀に参加できない場合でも、香典や供花費を贈ることが一般的です。その際のマナーを以下でご説明します。

郵便での香典送付

もし葬儀に参列できない場合、特に遠方にいる際には香典を郵送することが選択肢になります。

法律では現金の郵送には書留を利用することが規定されているため、現金書留用の封筒を使用して香典を送ります。

香典は不祝儀袋や封筒に入れた後、現金書留用の封筒に入れて送付するのが適切です。

葬儀会場での受け取りが可能な場合は、「〇〇斎場気付○○家○○様」と記載し、会場に送ることができます。

葬儀までの時間が短い場合や会場での受け取りが難しい場合は、喪主の自宅に送ることが望ましいです。その際、遺族に都合の良い日を確認してから送ると良いでしょう。

水引の選び方

香典を贈る際の不祝儀袋選びにも注意が必要です。

祝儀袋にはさまざまな種類があり、包む金額に応じて水引の種類を選びます。

  • 1万円程度:印刷された水引
  • 3万円まで:白黒の水引
  • 3万円以上:双銀の水引

水引の種類にも気を付けて不祝儀袋を選ぶことが大切です。

時間が経過してからの香典・供花費のまとめ

この記事では、遅れて香典や供花費を送る際の方法とマナーを紹介しました。

故人との関係により適切な金額が変わるため、相場を確認してから適切な金額を包むことが重要です。

紹介した相場は一般的なものであり、地域や家庭によって慣習が異なることもあるため、その点も考慮が必要です。

他のマナーについても説明しましたので、これらを参考にしながら香典や供花費を用意すると良いでしょう。

遺族を不快にさせることなく、自身の心情を伝えることが大切です。

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
日々の生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました