キッチンの排水口の汚れと詰まりを解消する効果的な手法と予防措置

スポンサーリンク
キッチンの排水口の汚れと詰まりを解消する効果的な手法と予防措置 日々の生活

キッチンは日常的に使用されるため、汚れが蓄積しやすいエリアです。

特に、排水口は滑りやすく、汚れがたまりやすいため、定期的な清掃が重要です。

放置された汚れは次第に大きな塊となり、詰まりの原因となることがあります。

この記事では、排水口の詰まりの原因とそれを防ぐための対策について説明します。

スポンサーリンク

排水口の汚れの主な原因

排水口に汚れがたまる主な原因について考えてみましょう。

汚れの原因としては、主に3つの要因が挙げられます。

油の扱い

揚げ物などの後の油は、排水口に捨てるべきではないことは周知の事実です。

油は温度が下がると固まりやすく、排水口に付着しやすくなります。

少量の油でも日々蓄積されると、他の汚れを引き寄せ、詰まりの原因になることがあります。

食材の残りカス

食材の切れ端や残飯を排水口に流すことは一般的です。

しかし、これらが排水口に流れ込むと、油と結合して汚れの原因となります。

このような状態を放置すると、水の流れが悪くなり、詰まりの原因となります。

洗剤の残りカス

食器洗いや掃除で使用する洗剤や石鹸も、排水口の汚れの一因になります。

溶け残った洗剤が徐々に排水口に蓄積し、油と結合して詰まりの原因となることがあります。

排水口の汚れを解消する方法

放置された汚れは悪臭や詰まりの原因となるため、定期的に対処することが推奨されます。

家庭で簡単にできる方法や専用の清掃アイテムを紹介しますので、是非参考にしてください。

重曹とクエン酸の活用

多くの家庭にある掃除用品として、重曹とクエン酸があります。

これらは排水溝の清掃にも効果的です。

  1. まず、重曹を200g排水溝に入れます。
  2. それを10~15分放置します。
  3. 続いて、クエン酸100gを加えます。
  4. その後、水またはぬるま湯200mlを流し入れます。
  5. 10分待ってから、しっかりと水で洗い流します。

重曹とクエン酸を組み合わせることで、炭酸ガスの泡が発生し、汚れを浮かせてくれます。

クエン酸がない場合は、お酢を用いても同様の効果が得られます。

オキシクリーンの使用

オキシクリーンに含まれる過炭酸ナトリウムは油汚れに強いです。

オキシクリーンを家に置いてある場合は、次の方法で使用してみてください。

  1. オキシクリーンをお湯で溶かします。
  2. それを排水溝に流し込みます。
  3. 2~3時間放置した後、よく洗い流します。

中国製のオキシクリーンは泡立たないため、すすぎが容易です。

液体パイプクリーナーの活用

液体パイプクリーナーは汚れに密着しやすく、ヘドロを効果的に浮かせることができます。

  1. 排水溝のパーツを取り外します。
  2. 排水管口に指定量をかけます。
  3. 1時間程度放置します。
  4. パーツを戻して、水で洗い流します。

パイプクリーナーは強力な洗剤なので、使用時は手袋などの対策を取ることが重要です。

詰まり予防策

排水溝の詰まりを予防することは非常に重要です。

以下に、実践できる予防策を紹介します。

排水溝ネットの使用

食材のカスは詰まりの原因になりやすいため、受け皿や三角コーナーに排水溝ネットを使用することが効果的です。

ネットの使用により、食材のカスが排水溝に流れるのを防ぎます。

また、新しいネットを使用してシンクを洗うことで、排水溝にゴミを流さずにシンクも清潔に保つことができます。

網目の細かいネットを選ぶと、さらに食材のカスが排水溝に流れにくくなります。

ヌメリ除去の重要性

排水溝のヌメリを取り除くことは、詰まりを防ぐためにも重要です。

ヌメリが蓄積すると水の流れが悪くなり、その結果、排水溝が詰まる可能性が高まります。

定期的な清掃はヌメリの蓄積を防ぎ、スムーズな水の流れを保ちます。

市販の受け皿用品や吊り下げ式の商品を使用することもできます。キッチンに合った商品を選んでください。

自宅にあるもので掃除をしたい場合、アルミホイルがお勧めです。

アルミホイルの金属イオンは、殺菌効果が期待できます。

小さなボールを二つ作り、受け皿に置くだけで、ヌメリを抑制する効果があります。

また、キッチンハイターを使うことでもヌメリ除去が可能です。

お湯での洗浄

排水溝には油や食べカスが流れ込むことがあり、それらが付着している場合もあります。

このような時は、お湯を使って汚れを除去してください。

  1. 排水溝のフタを閉めます。
  2. 60℃程度のお湯をシンクに6~7割程度溜めます。
  3. お湯が溜まったらフタを取り除き、流します。

水圧と温度の力で、汚れを押し流して清潔にします。

お湯の温度は、シンクを傷めないように60℃程度に保ってください。

定期的な清掃の後にお湯を流すと、ヘドロが詰まりにくくなります。

キッチン排水溝のヘドロや詰まり対策のまとめ

この記事では、キッチン排水溝のヘドロと詰まり対策を紹介しました。

ヘドロや詰まりの主な原因は、油汚れ、洗剤カス、食べカスなどの蓄積です。

重曹とクエン酸を使用した清掃、オキシクリーンの利用などでヘドロを効果的に除去してください。

また、定期的なお湯の使用や排水溝ネットの利用で、ヘドロや詰まりを防ぎましょう。

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
日々の生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました