音楽と楽しみを組み合わせた健康法!1月19日は特別な日!

スポンサーリンク
音楽と楽しみを組み合わせた健康法!1月19日は特別な日! 日々の生活

カラオケ、日本が生んだこの文化的遺産は、国際的にも広く認知されており、”KARAOKE”の名で世界中に広まっています。

友人や単独での訪問など、多様な楽しみ方があるカラオケですが、その語源を知っていますか?

「空のオーケストラ」という意味で、伴奏者がいない代わりに録音された音楽を使用します。

対照的に、生のオーケストラは「生オケ」と呼ばれます。

カラオケの起源について触れた後、カラオケの記念日、その歴史、そして人気のあるカラオケソングについて掘り下げていきましょう。

スポンサーリンク

のど自慢の日とカラオケの日の驚きの関係!

1946年1月19日、NHKの「のど自慢素人音楽会」が始まった日です。

これがきっかけで、1月19日は「のど自慢の日」とされ、不思議なことに「カラオケの日」ともなっています。

のど自慢は生の音楽で行われるため、どうしてこの二つが同じ日なのか疑問に思うかもしれませんが、戦後の国民娯楽として愛された「のど自慢」がきっかけで、同じ日に「カラオケの日」も設けられたのです。

誰がカラオケを発明したのか?ジュークボックスが鍵!

1970年代前、コインを入れて曲を選ぶ「ジュークボックス」が流行っていました。

これにマイクを付けたのが、カラオケの原型です。

1971年、カセットデッキにアンプとコインボックスを取り付けた「エイトジューク」が登場。

井上太佑さんによって発明され、TIME誌によって20世紀で最も影響力のあるアジア人の一人に選ばれました。

1980年代には映像カラオケが登場し、1985年には日本初のカラオケボックスが岡山県にオープンしました。

1992年には通信カラオケが導入され、機能が多様化し、AI技術を取り入れた最新のカラオケも登場しています。

世代を超えた名曲の発見!

あなたのカラオケの十八番は何ですか?

世代を超えて楽しめる曲を知っていると、忘年会などでの雰囲気が変わりますよ。

カラオケで健康を保とう!

カラオケで大きな声を出すことは、ストレス解消になるだけでなく、体幹を鍛え、ダイエット効果も期待できます。

歌が上手である必要はなく、楽しむことが大切です。

カラオケは心身の健康にも役立つので、日常に取り入れてみてはいかがで

すか?忘年会での盛り上がり役になるかもしれませんね!

カラオケはただの歌唱活動以上のものです。

声を張り上げることで、心が解放され、日常のストレスから解放されるかもしれません。

その上、体を動かすことで健康にも良い影響を与える可能性があります。

歌の上手下手を気にせず、心から楽しむことが何よりも大切です。

カラオケを活用して、健康的なライフスタイルを築いてみませんか?

あなたのお気に入りの曲リストが増えると、社交の場での自信も増しますよ!

カラオケは、私たちの生活に色々な方法で彩りを加えることができる素晴らしい活動です。

1月19日、この特別な日には、カラオケの魅力を改めて認識し、楽しみながら健康を保つ方法として取り入れてみてはいかがでしょうか?

きっと新しい発見があるはずです。

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
日々の生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました