簡単なサーキュレーターの掃除テクニックとトップ2の推奨製品紹介

スポンサーリンク
簡単なサーキュレーターの掃除テクニックとトップ2の推奨製品紹介 日々の生活

サーキュレーターは洗濯物の乾燥を助ける便利な家電です。

しかし、その独特な形状は清掃を難しく感じさせることがあります。

実は、分解可能なタイプのサーキュレーターは清掃が驚くほど容易です。

分解できないモデルでも、エアダスターや掃除機を使用すると、ほこりを簡単に取り除けます。

この記事では、サーキュレーターの簡単なお手入れ方法、ほこりを溜めないコツ、そしておすすめ製品を2つ紹介します。

スポンサーリンク

サーキュレーター清掃の簡易法

一見すると複雑に見えるサーキュレーターも、分解できれば掃除はとてもシンプルです。

分解できないモデルでも、ドライシートやエアダスターを使用すれば、簡単に清潔に保てます。

サーキュレーターにほこりが溜まると、室内の空気品質に影響するため、定期的な清掃が重要です。

分解可能なサーキュレーターの清掃方法

分解可能なサーキュレーターの清掃には、掃除機、中性洗剤、ドライシート、ウェットシート、新聞紙、必要に応じて工具が必要です。

清掃の手順は以下の通りです:電源を切り、カバーやファンを取り外し、掃除機でほこりを吸い取り、ドライシートで拭き取り、ウェットシートで水拭きをします。

羽根は水洗いし、汚れがある場合は中性洗剤で洗います。

清掃後は完全に乾燥させてから組み立てます。

分解不可のサーキュレーターの清掃方法

分解できないサーキュレーターは、掃除できる範囲だけを清掃しましょう。

ハンディワイパーやドライシートを使用して表面のほこりを取り除き、内部のほこりはエアダスターで吹き飛ばします。

掃除機も有効です。

清掃の際は、電源を切りコンセントを抜いた状態で安全に作業を行いましょう。

ほこりを溜めないためのサーキュレーターお手入れ方法

サーキュレーターの清掃では、主にほこり取りがメインとなります。

ほこりを溜めないためには、定期的な清掃、カバーの使用、静電気防止スプレーの利用が効果的です。

サーキュレーターを分解するのが面倒な方にも、これらの対策はお手入れの時間や頻度を減らすのに役立ちます。

定期的な清掃

サーキュレーターの清掃頻度は、使用状況によりますが、概ね月に1回が推奨されています。

ほこりが目立つ時にすぐに掃除機で取り除くことで、毎月の大掛かりな清掃を軽減できます。

週1~2回の軽い清掃で、家事の負担を減らしましょう。

カバーの利用

サーキュレーターは、空気と共にほこりを吸い込むため、カバーを取り付けることでほこりの吸入を減らせます。

カバーの種類は限られていますが、適切なサイズのものをオンラインで探してみてください。

静電気防止スプレーの使用

サーキュレーターの羽根は、空気との摩擦により静電気を生じ、これがほこりを引き寄せます。

静電気防止スプレーを使用することで、ほこりの付着を減らし、清掃の頻度を下げることができます。

ただし、効果は永続的ではないため、定期的に再適用が必要です。

スプレーする際は、金属部分にはかからないようにし、電源を抜いた状態で行ってください。

お手入れが簡単なおすすめのサーキュレーター2選

お手入れが容易なサーキュレーターを選ぶことで、長期的なメンテナンスが楽になります。

ここでは、分解可能で清掃が簡単なおすすめのサーキュレーターを2つ紹介します。

山善と無印良品のモデルは、ユーザーレビューが多く、満足度が高いと評価されています。

山善モデルは電気代を節約したい場合、無印良品モデルは見た目を重視したい場合に最適です。

詳細な情報をまとめていますので、是非最後までご覧ください。

まとめ

・分解できるサーキュレーターは簡単に清掃できる

・掃除機、ドライシート、ウェットシートを利用して効果的に清掃

・分解できないタイプも、ドライシートやエアダスターで手軽に清掃可能

・清掃時は感電防止のため電源を切りコンセントを抜く

・分解可能範囲は説明書で確認する

・定期的な清掃、カバーの使用、静電気防止スプレーの使用で、ほこりの蓄積を抑えられる

・山善のサーキュレーターモデルYAR-CD20ESと無印良品の首振りサーキュレーターMJ-CIS18は、清掃が容易でおすすめサーキュレーターの清掃が容易であることがわかれば、試してみようという気持ちになります。

放置していたサーキュレーターのほこりも、案外簡単に対処できることが分かるでしょう。

そして、清潔なサーキュレーターを使用することで、心もすっきりし、洗濯物や室内の空気も清潔に保つことができます。

この記事があなたのサーキュレーターのお手入れに役立つことを願っています。

サーキュレーターのメンテナンスを行うことで、家電の性能を最大限に活用し、快適な生活環境を維持しましょう。

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
日々の生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました