コンビニでのレジ袋の有料化が開始される時期や価格設定について!またエコバッグの販売は?

スポンサーリンク
コンビニでのレジ袋の有料化が開始される時期や価格設定について!またエコバッグの販売は? 日々の生活

最近よく耳にするのが、コンビニでのレジ袋有料化の話。皆さんは、この制度がいつから始まるのか、そしてレジ袋一枚あたりの価格はどうなっているのかご存知ですか?

有料化の開始日が明確になれば、多くの人がレジ袋の価格にも興味を持つでしょうし、エコバッグを購入しようかと考える人も増えるかもしれませんね。

この記事では、コンビニでのレジ袋の有料化開始時期とその価格について詳しくお伝えします。

また、大手コンビニチェーンがエコバッグを販売しているかどうかも確認してみました。

スポンサーリンク

コンビニにおけるレジ袋の有料化はいつ開始されるのでしょうか?

2019年9月26日、日本の経済産業省と環境省は、小売業界に対してレジ袋の有料化を導入することを発表しました。

最初は2020年4月1日からの実施を計画していましたが、準備の遅れを理由に、実施日を2020年7月1日に変更しました。

この変更は、環境保護の取り組みの一環として行われました。

レジ袋による環境への影響が深刻であり、誤って摂取してしまう動物が多数存在するため、レジ袋の使用量を減らすことが目指されています。

ただし、背景には他国でのレジ袋有料化の流れもあり、「日本も国際的な動向に追随すべき」という意見があると考えられます。

2020年夏に有料化が決定したことは、オリンピックを控えたタイミングで、「日本は環境に配慮している国」としてのイメージを世界に発信したいという意図もあったかもしれません。

レジ袋には有料と無料のものが存在するのでしょうか?

2020年7月1日から、コンビニで配布されるプラスチック製レジ袋の多くは有料化されます。

しかし、以下の条件を満たすプラスチック製レジ袋は引き続き無料で提供されます。

  • 厚さが50マイクロメートル以上の厚手レジ袋
  • 海洋生分解性プラスチックを100%含むレジ袋
  • バイオマス素材を25%以上含むレジ袋

これらのレジ袋が無料である理由は以下の通りです:

  • 厚手レジ袋は複数回使用可能であるため
  • 海洋生分解性プラスチック製のレジ袋は微生物によって分解されやすいため
  • バイオマス素材を含むレジ袋は環境に優しい植物由来の素材で作られているため

さらに、紙袋や布袋、郵便切手や有価証券を入れる袋も、2020年7月1日以降も無料で提供されます。

コンビニのレジ袋有料化の背後には環境問題への対応があり、環境に配慮したレジ袋は無料で提供されることになっています。

レジ袋有料化施行後、コンビニでのレジ袋1枚あたりの価格はいくらになるのでしょうか?

経済産業省は、レジ袋の有料化において、全国一律の価格設定は公平性に欠けると判断しています。

そのため、レジ袋の価格は各コンビニの裁量に委ねられています。

このため、異なるコンビニチェーンでレジ袋の価格が変動する可能性があるため、現時点で一概に価格を述べることは困難です。

例えば、1枚1円以下の価格では「有料化」という意味合いが薄れる可能性があります。

一方で、1枚当たり10円や20円のように高額に設定すると、顧客からの不満の声が上がる可能性もあります。

これらの点を考慮すると、レジ袋の大きさや素材によって価格は異なるでしょうが、1枚あたり2円から9円程度の価格帯に設定される可能性が高いと考えられます。

コンビニではエコバッグが販売されているのでしょうか?

レジ袋の有料化に伴い、日本の主要コンビニチェーンがエコバッグをどのように取り扱っているかを見てみましょう。

セブンイレブンでは、東京都内の一部店舗で「エコハンカチ」と呼ばれるエコバッグを販売しています。

これはハンカチがエコバッグに変形するアイテムで、以下の2種類があります。

  • 持ち手穴開きタイプ(550円税込):持ち手部分に穴が開いたデザイン
  • 持ち手テープタイプ(638円税込):ハンカチにテープが付いており、巾着袋のように変形する

ファミリーマートは現在、独自のエコバッグを販売しておらず、将来的な販売計画もないようです。

かつて無印良品と共同で「ファミリーマートオリジナル布製マチ付きマイバッグ(275円税込)」を販売していましたが、2020年7月1日以降の再販は見込まれていません。

ファミリーマートはプラスチック削減を目的にレジ袋の有料化を決定しています。

ローソンでは、現在エコバッグの販売は行っていませんが、一部店舗では「ケータイバッグ」と呼ばれるバッグを無償配布しています。

このバッグは弁当やペットボトルが入る大容量で、高品質な作りです。また、ローソンは特定のイベントやキャンペーンを通じてエコバッグを提供しています。

たとえば、2020年3月までのキャンペーンではレジスタンプ80個でハローキティの保冷エコバッグがもらえるというものがありました。

日本でのレジ袋有料化の流れは今後も加速していくことが予想されるので、機能性とデザイン性を兼ね備えたエコバッグを探すのがおすすめです。

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
日々の生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました