忘れた正月飾り、どうする?燃やしても良い?家庭での廃棄方法と再利用のアイデア

スポンサーリンク
忘れた正月飾り、どうする?燃やしても良い?家庭での廃棄方法と再利用のアイデア 初詣

新年の祝いには、玄関に飾るしめ縄や門松、室内に置く鏡餅などが一般的です。

正月が終わると、これらの装飾品をどう処理するか迷うことがあります。

普通のゴミとして処理するのはためらわれるものです。

この記事では、正月飾りの適切な廃棄方法、家庭での処分方法を探ります。

さらに、廃棄せずに再利用する方法も紹介します。

興味のある方にとって有用な情報であれば嬉しいです。

スポンサーリンク

正月飾りの飾る期間は?

正月飾りの飾りつけ期間は「松の内」と言われ、これは新年が始まる日から神様が帰るまでの期間です。

一般には12月28日から飾りつけが始まります。

29日や31日は避けるべき日とされています。

地域によって飾りをしまう日が異なります。

  • 関東(東北・九州) 1月7日
  • 関西 1月15日
  • 沖縄 1月14日(旧暦)

その他地域では、1月20日までや7日と15日が混在する場合もあります。

地域の習慣に合わせるのが良いでしょう。

「燃えるゴミ」としての正月飾りの処分方法

正月飾りの処分はどのようにしていますか?

通常のゴミとして捨てるのは適切ではありません。

適切な清め方を行えば、家庭で燃えるゴミとして捨てることができます。

◎自宅での正月飾りの処分手順◎

  1. 白い布や半紙(または新聞紙)の上に飾りを置く
  2. 飾りに塩(またはお酒)を振って清める
  3. 清めた飾りを包んでゴミ袋に入れる

プラスチックを使わない飾りを選ぶのがポイントです。

神社での正月飾りの処分

正月飾りは神社でも処分可能です。

どんど焼きや左義長などの火祭りで処分することもできます。

神社の納札所を利用するのも良い方法です。

神社によってルールが異なるので確認が必要です。

正月飾りの再利用方法

一部では、正月飾りを新しくするのが一般的ですが、エコやSDGsを意識して再利用する方法もあります。

木製や陶器製の飾りは、インテリアとしても使い回しが可能です。

再利用する場合は、松の内が終わったらきちんと掃除して保管するのがお勧めです。

おしゃれな木製や陶器製の飾り、またはお正月後も飾れるスワッグの例を紹介します。

陶器の飾り物

コンパクトで収納しやすく、艶やかな見た目が魅力的です。

木製の飾り物

シンプルでインテリアに溶け込むデザインが特徴です。軽く扱いやすいのでおすすめ。

ドライフラワーのスワッグ

クリスマス飾りで人気のスワッグを正月飾りでも活用。

自然な雰囲気が魅力で、普段使いにも適しています。

まとめ

この記事では、正月飾りの処分方法や家庭での破棄方法、再利用のアイデアを紹介しました。

  • 正月飾りを飾る期間「松の内」は地域により異なります。
  • 自宅での処分手順では、飾りを清めてからゴミに出すことがポイント。
  • 神社での処分や、無病息災を祈る火祭りに参加するのも一つの方法。
  • SDGsやエコを意識した再利用もおすすめです。

正月の後片付けは、新年の始まりを感じさせ、新しい年への期待を高めます。

今年も心地よく片付けをして、良い一年にしましょう。

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
初詣
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました