新年の玄関飾りの取り付け方法とタイミング、お正月の装飾のルールを解説!

スポンサーリンク
新年の玄関飾りの取り付け方法とタイミング、お正月の装飾のルールを解説! 初詣

新年の訪れと共に、玄関を彩る正月飾りは、日本の伝統的な文化の象徴です。

この美しい習慣には特定のルールや慣習があり、多くの人が正月飾りの設置時期や方法について疑問を抱くことでしょう。

この記事では、新年を迎える際の玄関飾りのルールやポイントを詳細に説明します。

伝統を尊重しながらも、お洒落で快適な玄関を演出するためのヒントを提供しますので、是非参考にしてください。

● 玄関飾りを設置する最適なタイミングと避けるべき日

● 玄関ドアに飾りを取り付ける最適な位置とその根拠

● 風水を考慮した正月飾りの飾り方

● 便利なフックの種類と玄関飾りの取り付け方法

● 正月飾りの後処理とその重要性

スポンサーリンク

正月飾りの設置時期とルール

新年を迎えるための準備として、日本では古くから正月飾りを玄関に飾る習慣があります。

特に、飾り始める時期については注目されています。

一般的に、12月13日以降に飾り始めるのが一般的で、この日は「正月事始め」または「松迎え」と呼ばれ、古くから新年を迎える準備の開始とされてきました。

しかし、多くの家庭では大掃除が終わり、家が綺麗になってから飾り始めるのが普通です。

そのため、12月28日までに設置する家庭が多いようです。

クリスマスの飾りを取り除いてから正月飾りを設置する家庭もあり、12月25日から27日の間に飾ることが多いです。

ただし、12月29日は「二重苦」に通じるとされ、不吉とされるため避けられます。

また、大晦日の「一夜飾り」も避けるべきとされています。

正月飾りを設置する適切なタイミング

一般的に、12月13日以降に飾り始めるのが一般的です。

この日は「正月事始め」または「松迎え」と呼ばれ、新年を迎える準備の開始とされてきました。

多くの家庭では大掃除が終わり、家が綺麗になってから飾り始めるのが普通です。

避けるべき日

12月29日は「二重苦」に通じるとされ、不吉とされるため避けられます。

また、大晦日の「一夜飾り」も避けるべきとされています。

玄関飾りの最適な位置とその理由

新年を迎える神様をお迎えするための目印として、正月飾りは玄関や門口の外側に設置するのが理想的です。

歳神様は新年の幸運をもたらすとされる神様で、家を訪れる際には家族に幸福と繁栄をもたらすとされています。

したがって、神様が容易に見つけられるよう、目立つ場所に飾ることが推奨されます。

飾りの意味としては、歳神様のお迎え、幸運と繁栄の象徴、魔除けと防御の役割があります。

飾りの配置には、玄関や門口の外側、目線より少し高めの位置が適しています。

玄関飾りの配置

新年を迎える神様をお迎えするための目印として、正月飾りは玄関や門口の外側に設置するのが理想的です。

歳神様が容易に見つけられるよう、目立つ場所に飾ることが推奨されます。

玄関飾りの風水的配慮

風水を重視する場合、玄関ドアの直接正面に正月飾りを設置するのは避けるべきです。

風水では玄関が家の「気」の入り口とされ、ここに物を直接配置することは、その流れを妨げると考えられています。

したがって、控えめに飾りを玄関ドアの脇や壁に設置することが推奨されます。

生きた植物や自然素材を使った飾りが良いエネルギーをもたらすとされており、ドライフラワーや造花など人工的なものは避けるのが望ましいです。

風水は中国の文化から生まれたもので、日本の伝統とは異なる点があるため、文化的背景を理解しつつ適切な飾り方を見つけることが重要です。

風水に基づいた飾り方

風水では玄関が家の「気」の入り口とされ、直接物を配置することは、その流れを妨げると考えられます。

控えめに飾りを玄関ドアの脇や壁に設置することが推奨されます。

市販フックを利用した簡単な正月飾りの取り付け

市販のフックを使うと、穴を開けずに簡単に玄関飾りを設置できます。

マグネットタイプのフックは、磁石が付く玄関扉に適しており、強力な磁力で飾りを支えます。

粘着タイプのフックは跡が残らず、耐荷量が高いので大きな飾りも安心して設置できます。

また、吸盤タイプのフックは、ガラスやツルツルした表面に適しています。

リースフックやドアハンガーも、取り付けが簡単でドアを傷つける心配が少ないため便利です。

マグネットタイプのフックの利用

磁石が付く玄関扉には、マグネットタイプのフックが最適です。

粘着タイプのフックの選び方

粘着タイプのフックは跡が残らず、耐荷量が高いので大きな飾りも安心して設置できます。

正月飾りの適切な片付け方法

正月飾りの片付け時期は地域によって異なり、関東では1月7日、関西やその他の地域では1月15日や1月20日まで飾ることがあります。

正月飾りの処分には、塩やお酒でお清めを行い、地元の神社で行われるどんど焼きや納札所へ持っていく方法があります。

正月飾りは神聖なものとされ、感謝の気持ちを込めて処分することが大切です。

正月飾りの取り外し時期

正月飾りの片付け時期は地域によって異なります。

関東では1月7日、関西やその他の地域では1月15日や1月20日まで飾ることがあります。

正月飾りの処分方法

正月飾りは、神聖なものとされ、処分する際には特別な注意が必要です。

お清めの方法としては、塩やお酒で清め、地元の神社で行われるどんど焼きや納札所へ持っていくのが適切です。

正月飾りの玄関ドアへの付け方のまとめ

新年を迎えるにあたり、正月飾りを適切に設置し、風水を考慮しながら心地よい玄関を作ることが大切です。

12月13日以降に飾り始め、12月28日までに設置するのが理想的です。

29日と31日は避け、玄関の外側や目線より少し高めの位置に飾ります。

自然素材を用いた飾りが風水的に好ましいとされ、市販のフックを活用して簡単に取り付けることができます。

正月飾りは新年の幸運と家族の幸福を願う重要な伝統であり、その取り扱いには敬意を持って行いましょう。

新年を迎える際には、これらの点を心に留めて、素敵な飾り付けを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
初詣
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました