中部地方の有名な神社、新年の参拝期間と混雑情報!屋台の営業日も紹介!

スポンサーリンク
中部地方の有名な神社、新年の参拝期間と混雑情報!屋台の営業日も紹介! 季節イベント

中部地方で非常に人気のある神社は、新年の参拝者が多く訪れるスポットです。

特に力を感じる場所として知られ、毎年200万人以上が初詣で訪れるそうです。

では、新年の参拝はいつまでに行うのが良いのでしょうか?

ここでは、その神社を訪れる計画を立てている方々へ、参拝に関する情報をお届けします。

混雑状況や人気の屋台に関する情報も合わせて、参拝の計画に役立ててください。

 

スポンサーリンク

中部地方の神社、新年の参拝はいつまで?

新年は多くの人が神社へ出かけますが、参拝の最適な期間はいつまででしょうか?

一般的には「松の内」までとされていますが、地域によって異なることもあります。

この神社では、12月31日~1月5日​​の期間が指定されており、交通規制も実施されます。

しかし、この期間内に行く必要はなく、2月中旬までに参拝するのも良いでしょう。

神社の屋台はいつまで営業?

初詣では屋台での食事も楽しみの一つです。この神社では、新年の期間中に多くの屋台が出店されますが、営業期間はいつまででしょうか?

SNSをチェックすると、1月15日頃まで屋台が出店されていることが分かりますが、出店数は減少傾向にあるため、早めに訪れることをお勧めします。

神社の新年の参拝:混雑する日時は?

新年の参拝で混雑する時間帯を、日ごとに確認しましょう。

大晦日~元旦はピーク時の混雑!

この神社では新年を迎えると多くの人が参拝に訪れるため、大晦日から元旦にかけては特に混雑します。

大晦日の夜11時から元旦の早朝3時頃までは、お参りに2時間ほどかかることも。

地元の公共交通機関も深夜の間隔で運行しているため、夜間でも参拝客が減ることはありません。

三が日の昼間も混雑!

三が日の午前9時から午後5時頃も混雑が見られ、特に午前10時から午後3時頃は混雑がピークに達します。

『初えびす』の5日も混雑!

三が日を過ぎると少し落ち着くかと思われますが、5日の『初えびす』のために再び混雑します。

混雑が緩和される時間帯は?

混雑が避けられないと思われがちですが、穴場の時間帯もあります。

元旦の早朝は狙い目!

元旦の午前4時以降は、混雑が少し解消されるため、早朝の参拝がおすすめです。

午前8時からは入場規制が始まるので、それ以前に参拝を済ませると良いでしょう。

また、昼間のピークが落ち着いた午後5時以降も比較的混雑が緩和される時間帯です。

2日~3日は早朝と夜間がおすすめ!

2日と3日に参拝を考えている場合、入場規制が始まる前の早朝、特に午前6時から午前7時頃がおすすめです。

午後5時以降も混雑が緩和されるので、この時間帯に訪れるのも良いでしょう。

三が日の混雑状況の口コミを確認

実際にこの神社へ新年の参拝に行った方の口コミを確認すると、三が日の混雑の様子がよく分かります。

これらの情報を参考に、混雑を避けるための最適な参拝時間を選んでみてください。

初詣の混雑はいつまで続くのか?

三が日を過ぎると混雑は少しずつ緩和されますが、5日の『初えびす』でまた混雑が見られ、4日以降の週末も混雑する可能性があります。

ただし、三が日に比べれば混雑はかなり緩和されるでしょう。

新年の参拝:まとめ

中部地方のこの神社は、新年の期間中、多くの参拝者で賑わいます。​​

は特に混雑しますが、2月中旬までに参拝することも可能です。

屋台は1月15日まで出店されていますが、出店数は時間が経つにつれ減っていくので、早めに訪れることをお勧めします。

混雑を避けたい場合は、早朝や夜間の参拝が良いでしょう。

最後に、実際に参拝した方の口コミもチェックして、計画を立ててみてはいかがでしょうか。

新年のご挨拶をして、良い年をお迎えください。

この記事を書いた人
運営者
けんさん

姪っ子と甥っ子をこよなく愛するオジです。
食べ歩きや旅行が趣味。家に居る時はYouTubeとあつ森を欠かさない。常に流行りもチェックしてアンテナ張りまくりで生き抜いています。

けんさんをフォローする
季節イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんさんをフォローする
けんさんの街角スポット案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました