スポンサーリンク








こんにちは!
今日は愛知県一宮市では雨予報・・・むしろ降っています。
冬の雨は寒いですね(泣)

そんな寒い時は温泉が恋しくなります♪
まぁ年中入りますが(笑)

東海地方にいるせいか、温泉と言って真っ先に思いつくのが下呂温泉!
中でも湯ノ島館は一押しです♪
かなり、有名なので皆さんもご存知ですよね?(笑)

風情ある温泉街にあり、圧倒的な木々の緑に囲まれた静寂な宿として湯ノ島館は有名ですね!

ただ、実際にどんな効能があるのか、日帰りで入れるのかなどは知らないことが多いかも!

そこで、今回は【下呂温泉湯之島館の日帰り温泉は何時まで?駐車場と混雑状況もチェック!】についてお話したいと思います!

では、さっそくいってみましょう♪

下呂温泉湯之島館について


昭和天皇が宿泊された格式ある宿としても有名ですね!

約16万5000㎡の自然庭園には、樹齢100年を超える大木が茂っており、数奇屋造りの建物が並んでいるため、湯上りに散策してみるものいいですよね♪

日帰り入浴時間や値段

  • 外来入浴時間:13時~14時(受付13時~13時半)
  • 定休日:不定休
  • 外来入浴料金:1,000円(ハンドタオル・サービス料・消費税を含む)
    ※バスタオル:200円
  • 予約不要
  • 食事付き入浴:11時半~20時
  • 夕食+入浴プラン:8,640円コース、10,800円コース(2名以上より予約可能。)
  • 個室利用可能/予約必須

宿泊時の入浴時間や値段

  • 2食付き入浴・宿泊費込み:9,600~38,000円
  • 子ども:1,852円~大人の50%、大人の70%
  • 事前に予約必須(プランによっては当日の9時まで予約受付可能)

下呂温泉湯之島館の効能

下呂温泉湯之島館
【源泉名】
下呂温泉
【泉 質】
アルカリ性単純温泉(PH8.90)
【泉 温】
摂氏55度(源泉)摂氏42度(使用位置)
【適応症】
神経痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき
慢性消化器病・痔疾・冷え性・疲労回復・病後快復・健康増進

下呂温泉湯之島館の口コミ

なんといっても他の旅館より少し標高が高い分、温泉からの景色がいい!
五つ星であって、従業員の統率といい、対応力が違うと感じる旅館👏
部屋の雰囲気は厳かな感じで落ち着くのも魅力!!
私は学生ですが、学生でも利用でき、最高の旅館です😊

下呂駅からお宿のシャトルバスが出ています。時間は直接お宿に聞いて予約すると良いですよ。私達はゆっくりしたかったので、チェックインが14時のレディースプランにしました。じゃらんの。
天皇陛下や芸能人が多数お泊りの全てが素晴らしいお宿だと思います。
前にも、最低料金15800円で1泊2食で泊まりましたが、それでも食べきれないほどの素晴らしいお料理でしたし、素晴らしい仲居さんが付いてくれましたし、大満足でした❤
とにかく、最低料金でもハズレの無い、大満足なレベルの高いお宿ですね!
下呂なら私はここですね!

湯巡りとして、日帰り利用いたしました。昭和レトロ感に溢れたお宿に訪問。13:30までの受付とのことで、13:20ごろ訪問。ドアマンの方が『14:00から宿泊のお客様がお見えになります。それまでにお帰り願います』と言わんばかりのアナウンス(ギリギリにして申し訳ない気分でいっぱいでした)。真っ赤な絨毯とキッチリならんだスリッパがお出迎え。フロントの男性はとても紳士で「14:00までと短い時間ですが…お楽しみくださいませ」と仰られ、救われました。平日にもかかわらず、10名位は温泉を楽しんでました。高台にあるだけ、とても静かで贅沢でした。一つ言うと、深いので座れません。座ると溺れます(笑)少し腰掛ける岩があれば◎。時期がよければ、夜は見上げれば満点の星が素敵だと思います。帰り際、宿泊者がパラパラと訪問。がしかし…ドアマンここでも年配に対しても訪慌ただしくて、もう少しゲストに合わせてゆっくり進めてあげても良いのになと思いました。
写真:歩いて訪れる途中紅葉がまだまだ残っておりました。
引用元:Google

色んなところで、口コミを調べてみましたが評価が高い印象を受けました!
実際に私達も近いということもあり、ちょくちょく下呂温泉湯之島館にはお邪魔していますが、口コミ通りに本当にいいお宿だと思います♪

皆さんも行く機会があれば、ぜひ日帰りプランで足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク







下呂温泉は湯之島館の料理

湯之島館の料理
食前酒:山葡萄酒
先付:ずんだ胡麻豆腐
八寸:水茄子と鰻の山椒和え、旬野菜酢味噌かけ、無花果サーモン巻き、完熟ペティトマトの赤ワイン煮、白だつ山葵味噌、姫さざえ旨煮、海老黄味寿し
吸物:蓮根真薯、おとし鱧、梅肉、青柚子、順菜
造里:旬の物、妻もの一式
進肴:湯之島館特製焼き寿司
名物:飛騨牛、味しゃぶ、旬の野菜色々
焼物:若鮎塩焼き、姫筍、紫蘇酢
蒸物:飛騨豚角煮、夏大根、冬瓜、あぶり青唐、洋からし餡かけ
留椀:しじみ汁、粉山椒、飛騨なめこ、葱
御飯:飛騨産こしひかり
香の物:浅漬け、しな漬け
デザート:季節の果物、黒蜜ゼリー
こちらのメニューは一部になります。また、仕入れ状況により変わるそうです!

下呂温泉湯之島館への行き方・アクセス

公共交通機関で

名古屋→高山本線(ワイドビューひだ 1時間27分)→下呂温泉
大阪→高山本線(ワイドビューひだ 3時間24分)→下呂温泉
富山→高山本線(ワイドビューひだ 2時間15分)→下呂温泉
公共交通機関を利用の方はJR下呂駅までシャトルバスにて迎えが来てくれます!
迎えの時間は13:35~17:25までなっているようです。(チェックインは15:00~)

下呂温泉直行バス

毎日運行、名古屋⇔下呂、1日1往復 名古屋と下呂を結ぶ往復バス「下呂温泉直行バス」が毎日運行されていました!
利用料金は往復3,700円(片道2,800円)
JR名古屋駅前から下呂駅前のバスセンターまで、1日1往復毎日運行していました!
名古屋を14:00出発、下呂には16:30頃到着予定。
帰りは、下呂を10:30出発で名古屋には13:00頃到着予定。

下呂温泉湯之島館の駐車場について

駐車場は30台まで可能で無料でした!
近辺にも下呂温泉市営駐車場、下呂温泉栄パーキング、雨情公園駐車場、名鉄協商下呂駅前などがあります!
ただし、近辺の駐車場はどこも割と歩くのでJRかバスで行くことをおすすめします!

下呂温泉湯之島館の混雑状況

私達が行った限り、また色々調べてみた限りではめちゃめちゃ混んでいる様子はありませんでした!
もちろん、ゴールデンウィークや冬休みと春休みについては、多少は混雑はしているようです!

なので、そのあたりで行くことを予定するようであれば、事前にしっかりと予約をしていくことをおすすめします♪

下呂温泉の湯之島館にお得に行く方法

ここまで、下呂温泉の湯之島館についてお伝えしていきましたが、行くならお得に行きいたいですね♪
旅行会社とかたくさんあって、どこで予約したらいいか迷うことが多々あります(笑)

また、口コミなんかも気になっちゃいます!
そこで、私が毎度利用しているのがトリップアドバイザーです!

探すのが面倒だったりするので、こちらからトリップアドバイザーに行くことが出来ますよ♪
良かったら参考までにどうぞ!

泉湯之島館の宿泊予約はトリップアドバイザーで!

まとめ

さぁ、今回は【下呂温泉湯之島館の日帰り温泉は何時まで?駐車場と混雑状況もチェック!】についてお話してきましたが、
いかがでしたでしょうか??

日本人ならほとんどの人が温泉は好きだと思います♪
特に、この寒い時期は温泉で体の芯までしっかりと温まりたいですよね(笑)

ただ、温泉って日本全国にものすごい数があり、どこがいいのか、またどんな効能があるのか料金やアクセス方法やお得に行く方法が分からないことがよくあります!
最近はこんな便利なトリップアドバイザーなるものもあります♪

しっかりと、口コミを確認し効能を知り、今の自分にあった温泉に入りたいものですね(笑)

それでは、これにてけんさんの街角スポット案内を終わります♪
最後まで読んでくださってありがとうございます^^
今日も笑顔が一つ増えますように^^

スポンサーリンク